消費者金融比較サイト

キャッシング・消費者金融の案内・融資の申し込み!

キャッシングに関するご案内






携帯でキャッシング

消費者金融比較サイト


キャッシングサイトの選び方

キャッシングサイトの選び方ですが、もちろん目的によります。
早く融資をして欲しいとか、確実に融資をして欲しい、あるいは高額のお金であっても貸して欲しい、 さらには、できるだけ安い金利で借りたいなど、様々でしょう。
キャッシングローンを選ぶ際にはこのように自分の目的が何かを考えて、 それに合ったところを選ぶようにすることでより満足の行く借り方をする事が出来ます。
もちろん全ての目的を満たせるようなキャッシングは中々ありませんし、 一方ではどんな金融機関であってもある程度は顧客の要望に合う商品を用意していたりもします。

<選び方その1>

最も近くにある金融機関へ

いろいろ考えても結局のところ似たり寄ったりと割り切って、とにかく最も近くにある金融機関に行くというのも立派な考え方です。
手間ひまがあまりかからない、担当者と相談できる、いろいろと考えずに済むということも立派な目的の一つだからです。

<選び方その2>

ネットでキャッシングローンの利用

早く融資をして欲しいということであればインターネットから申し込みが出来るキャッシングローンを選ぶのが良いでしょう。
やはりお金というのは急に必要になる事が多いもので、他にも増して早い融資を希望する人は多いものです。
例えば午前中にインターネット環境で申し込みをすれば、早ければ当日中には口座振り込みという方法で お金を借りることが出来る金融商品も数多くあります。
インターネット環境とは必ずしもパソコンである必要はなく、スマホでも問題ないことが普通です。
あるいは、確実に貸して欲しいという要望もあるでしょう。

<選び方その3>

低金利か確実な融資で選ぶか

既に他の金融機関などからお金を借りていたりすると、新しい融資を断られてしまう可能性も高くなります。
これはどんな金融機関であってもある程度は当てはまってしまいますが、 例えば消費者金融であれば銀行よりは確実に融資を受けられる可能性が高いでしょう。
逆に、その分だけ金利は高くなりがちなので、金利を重視するのなら消費者金融に行くよりも 銀行のキャッシングローンを利用したほうが良いかもしれません。

上手なキャッシング利用法と利用のデメリット


クレジットカードにもキャッシング枠が設けられており、お金が足りないと思ったらすぐに借りる事が出来ます。
しかしキャッシングで借りたお金は、利息を付けて返済しなければいけません。
無計画に利用すると返済の負担が増え、延滞する人も多くいます。
借金地獄に陥らない為には、キャッシングとは上手く付き合わなければいけません。

<上手な使い方>

上手な使い方とは、必要な金額だけを借りてこまめな返済を心がける事です。
消費者金融からたくさんのお金を借りられると、つい余分に借り入れをしたくなるでしょう。
しかし借入金が増えてしまうと、その分利息も増え返済時に負担となります。
キャッシングは限度額以内ならいつでも追加で借り入れが可能です。
必要な金額だけを借りてそれでも足りなくなったら、その都度新たにお金を借りるのがベストです。
また利息は1日ごとに増えていくシステムなので、返済を後回しにするほど負担も増えます。
こまめに返済するのは面倒だと思いがちですが、お金に余裕ができたらその都度返すようにしましょう。
借り入れは必要な金額に抑えてこまめな返済をしていれば、利息の負担は減りキャッシングで失敗する事はありません。


<利用のデメリット>

キャッシングと上手な付き合い方が出来ないと、利息が膨大になり期日までに返済出来なくなります。
期日までに返済できないと遅延損害金が発生して、さらに返済時の負担が増えます。
こうして負担が増え延滞を何度も繰り返すとブラックリストに情報が掲載されます。
他の消費者金融からもお金を借りられなくなったり、クレジットカードの新規申込できません。
消費者金融やクレジットカードの新規申込だけではなく、住宅や自動車ローンも利用できなくなります。
キャッシングは便利なサービスですが、失敗すると借金地獄に陥り将来にも悪影響を及ぼすので、上手に使うことが大切です。

一般的な融資の審査について


キャッシングを利用し融資を受ける際、一般的な消費者金融の審査で重視される点は大きく分けて職業や年収といった 属性と、信用情報と呼ばれる過去も含めた債務の状況です。

<職業・年収等>

現在はキャッシングを受ける際にインターネットを利用して専用サイトにアクセスし各項目を入力していきますが、 入力した内容がコンピュータにより点数化された上で信用度がはじき出される仕組みになっています。
信用度に影響を及ぼす項目は年収をはじめ勤務先や勤続年数、居住形態や家族構成、年齢や固定電話の有無です。

年収は高くなるほどスコアが高くなりますし、同時に総量規制についてもチェックされます。
他社からの借り入れの有無が確認され、他社からも借り入れをしている場合には年収の3分の1を超えてないか確かめられます。
当然、年収は高いほど円滑に融資が受けられるようになります。
たとえ年収が200万円から300万円程であっても低すぎるという理由により消費者金融の審査に落ちてしまう心配は無用です。
勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員であれば高く評価される反面、
無職の方は有無を言わさず審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。

<勤続年数>

たとえ大企業の社員でも勤続年数が短く1年に満たないような事例では融資が受けられる可能性が低くなります。
そして、居住形態はマイホームの方が融資が受けやすくなります。
一人暮らしではなく家族や両親と生活をしていると問題が生じた際、他の身内が肩代わりをする事ができるという点から消費者金融の審査に有利です。
さらに、年齢は20代から60代までの現役で働いている年齢層が最も高評価です。
携帯電話のみではなく固定電話も設置していれば、より一層消費者金融の審査が通りやすくなります。

<債務状況>

属性と合わせて判断材料にされる信用情報では現在他社から借り入れている会社数と借入額、
延滞などの金銭事故が確認され当然他の多くの会社から高額をキャッシングをしていて
金銭事故があると融資を受けるのが難しいです。 ただし、これまでクレジットカードなどで分割をした経験が無い方は判断材料が無いが故に、
融資を断られてしまう可能性が高いです。










ご利用は計画的に
おすすめ

★プロミスのレディースキャッシング★
女性のためのカードローン!



リンク
携帯で求人情報-看護師・薬剤師-

サイト登録宣伝無料AUL



消費者金融各社情報
金融会社のメンテナンスや変更事項のご案内
各社連絡事項

ランキングに参加してます。
ランキング参加中


QRコード

QRコード

 運営
累計:累計
本日:本日 昨日:昨日

2018年11月26日 更新



copyright © 2004-2018  携帯でキャッシング all rights reserved.